株式会社オープンストリーム 新卒採用サイト
RECRUITING SITE

OUR WORK
私たちの仕事
INTERVIEW
社員インタビュー
OUR CULTURE
オープンストリームの活動
INFORMATION
採用情報
  • アーキテクト
  • 中途採用

AIを使った新しいビジネスの創造にチャレンジする楽しさ。

アーキテクト
M.N

PROFILE

2018年入社。開発に全般に携わってみたいと、ミドルウェア開発中心の会社から転職。2019年にできた技術創発推進室にアサインされ、AI関連のプロジェクトに参加。知識と技術を深めている。

STORY #1
新しくできたばかりの技術創発推進室のメンバーとして、AIを使ったサービスの開発に挑む。

進化が速く、誰もがアイデアを出しやすい会社で働きたいというのが、転職時の希望でした。オープンストリームに惹かれたのはその自由闊達さ。毎年新規サービスの公募が行われ、社員が技術に意欲的で、Web関連の開発も多いので、スピード感も味わえます。そうしたところでシステムの上から下まで幅広く携わることで、自分にもっとスキルやノウハウを蓄積したいと考えました。

転機が訪れたのは入社から数カ月後。個人的にAIに興味があって勉強をしていましたが、社内にAIの案件があるという話から、プロジェクトにアサインされたんです。その後、今の技術創発推進室が設立され、新しいビジネスを作っていくために、そのままメンバーとして入ることになりました。AIはもちろん、一からビジネスを作り出すことに取り組めるのは、非常にやりがいがあると感じました。自分で何かを生み出す経験を欲していたこともあり、これはとてもラッキーでした。そのため毎日がとても充実していて、さまざまな試行錯誤をしながら開発を進めています。

body-img-01.jpg

STORY #2
求められる精度を出すために、最新の情報を追いつつチャレンジを繰り返す。

現在取り組んでいるのは、AIを使った画像解析ソリューションです。例えば、工場の製造ラインでは製品の検品のためにAIの導入が進んでいます。しかし高齢化が進み働き手不足が予想される日本では、将来的にはもっと多くの現場で自動化の仕組みが必要になってくるでしょう。特に中小企業ではまだ人力で検品をしている現場が少なくありません。私たちは大規模工場でなくても取り入れられるようなソリューションを目指し、AIの開発を進めています。

ここで壁になるのが、AIの精度です。独自の機械学習モデルによって撮影した画像から検品を行おうとしていますが、どういう写真を撮り、どんな画像処理をすればAIがきちんと判別できるのか、どんなモデルのAIに学習させればいいのか、さまざまな方向からの検討や手法を試す必要があります。画像の撮影からAIが必要な認識精度を出すまでが私の作業領域になりますが、毎日が試行錯誤の連続です。ディープラーニングを基礎から学び、論文を漁っては最新の技術や成果について知見を深めています。どんどん出てくる新しい手法を試しながら、検証と修正を繰り返して独自モデルの構築を進めています。会社としても新しい分野であり、自分のノウハウが会社のノウハウとなっていくだけに、頑張りがいがあります。

body-img-02.jpg
body-img-large.jpg

STORY #3
幅広い知識とスキルを備えたAIのスペシャリストとして活躍していきたい。

仕事のやりがいは、なんといっても新しい技術に触れられていることです。少人数のメンバーで取り組んでいるので、撮影のノウハウやユーザーインターフェースの構築、アプリケーション作りなど、やることは数多くあります。大変ではありますが、それだけ知識やスキルも得られていると思います。AIに関連する勉強会も主催していますが、それも自分の糧として役立てるためです。プロジェクトのスタートから半年ほどが経ち、PoCを繰り返してAIの精度もよくなり、ソリューションとして提供できそうな目処が立ってきました。採用までもっていけるよう、今後も細かな部分を詰めていきたいと思います。

まだ新しい技術創発推進室ですが、今の私としてはAIが新しくとても面白い技術なので、引き続きAIや機械学習の勉強を続け、この分野について1から10まで知っていると、胸を張って言えるほどのスペシャリストになりたいですね。また、社内では「釘の打てない大工の棟梁はいらない」という考え方の人が多いのですが、私も同様です。さまざまなことを理解して技術を身に付けた上で、AIをどう使っていくのかといったことも考えられる、作ることと使うことの両方のミッションをこなせるようになっていきたいと思っています。

body-img-03.jpg

MY ONE WEEK
私の1週間

MONDAY

週末の間に学習させておいたAIの精度が予定通り出ているか、プロジェクトの常駐先で結果を確認。

TUESDAY

前日に出た結果を踏まえ、画像の前処理や光の当て方、背景処理など、精度を高めるためのさまざまな工夫を施す。

WEDNESDAY

再度検証を行い、精度を確認。お客さまのところで定例ミーティングに参加し、今週の進捗報告や技術的手段の共有を行う。

THURSDAY

AIに関して出ているさまざまな論文の概要を読み、役立ちそうなものをピックアップして深く読み込む。

FRIDAY

自社に戻り、AIを使った新サービスの検討を行う。合間を見つけてはAI の勉強会の準備を進める。

SATURDAY

週末は夫婦でいろんなところに出かける。この日は横浜中華街で食べ歩き。美味しいものをたくさん食べて大満足。

SUNDAY

引き続き夫婦で出かけ、謎解きイベントにチャレンジして街を巡る。2日間を楽しみ、リフレッシュ完了。

INTERVIEW
社員インタビュー

次の時代にあるべき
エンジニアの姿を、探求しませんか。
私たちといっしょに。

JOIN OUR TEAM
JOIN
OUR TEAM