株式会社オープンストリーム 新卒採用サイト
RECRUITING SITE

OUR WORK
私たちの仕事
INTERVIEW
社員インタビュー
OUR CULTURE
オープンストリームの活動
INFORMATION
採用情報
  • デベロップメントスペシャリスト
  • 新卒採用

オープンストリームの未来を担う若きエンジニアたちの想い

デベロップメントスペシャリスト
新卒入社1年目 S.T、M.T、A.T、A.H

PROFILE

ものづくりへの興味や自分自身の成長、新しいチャレンジを求めてオープンストリームに集まってくる若者たち。歩き始めたばかりの新人エンジニアたちは己の目標のため、まっすぐに前を見据えて進んでいます。

STORY #1
お客さまの予想を常に越え、自ら提案できるエンジニアになる。

デベロップメントスペシャリスト S.T

文系だけどものづくりに携わりたい、そんな希望を叶えられる業界を探してたどり着いたのが、ITの世界でした。中でもオープンストリームにひかれたのは、教育環境です。会社の施策による重点的な研修や、社員が率先して勉強会を開くなど、会社からもエンジニア個人からも成長への意欲や自主性が伺え、ここなら向上心を確かなスキルに変えていけると確信できました。また、自社製品のみならず、次々と革新的なサービスを世の中に送り出していることも魅力的でした。

しっかり教育してくれる会社だなというのは、開発の現場に入ってからも感じています。現在担当しているのはWeb サイトの画面作成ですが、私ともう一人の新人2名で担当することになり、プロジェクトがスタートする前からHTMLやCSSの習得はもちろん、デザイン資料を元に画面作成を学ぶ準備期間を設けていただきました。実際のスタート時には緊張もありましたが、焦らずにこなすことができたのは事前の準備のおかげです。最近では仕事にも慣れ、ものづくりの楽しさを実感しながらの作業は充実感もあります。打ち合わせの場に出ることもあり、お客さまから意見をいただくこともためになります。先日、成果物に対して「想像よりもよかったよ」と言っていただいたときは、本当に感動し、もっと喜んでいただけるものを作りたい、と強く思いました。今は求められたことに対して必死に応えている状況ですが、私の方から確かな提案ができるような、一方上のエンジニアを目指します。

body-img-01.jpg

STORY #2
挑戦できる環境や周囲のサポートがあるから、高い目標を持って努力できる。

デベロップメントスペシャリスト M.T

大学で受けたプログラミングの授業が面白かったことが、エンジニアを志望した理由です。オープンストリームに大学の先輩が在籍していたので、お会いして話を聞いてみると、自社開発にも力を入れていることや、自由な発想でシステムやアプリ、プロダクトなどジャンルを問わずに挑戦できる環境があることなど、どれも興味をひかれる話ばかり。何より、その先輩が生き生きとしていて、充実感を持って働いていると感じられたことが心に響き、会社の門を叩いたんです。とはいえ、入社後は研修でつまずき、不安にかられたこともあります。でも周囲の方々が話を聞いてくれ、研修でもじっくり時間をいただくなど、温かいサポートを受けて新米エンジニアとして一歩を踏み出すことができました。

今は運用保守を担当し、問い合わせ対応や定期メンテナンス、コードを書いたりテストをしたりといった作業に没頭しています。長年運用されているシステムは何十年も前に書かれたコードもあって、たどるのが一苦労のときもあります。でもシステムの中身を丹念に見ていくことで、先人の知恵やスキルなど、学べることはたくさんあります。まずはこのシステムのことは何でもわかるように極めていくことが第一になりますが、将来の目標である自社開発のシステムやプロダクトに関われるような技術や知識も必要です。社内の勉強会などの機会も逃さず、興味のあることや役立ちそうなことを積極的に学んでいきたいと思います。

body-img-02.jpg
body-img-large.jpg

STORY #3
エンジニアの本質とは何か、仕事を通して学んでいる最中。

デベロップメントスペシャリスト A.T

新人研修後は、会員サイトのリニューアルを行うプロジェクトに配属され、画面の新規作成やテストを担当しています。作業一つひとつの難易度はさほどないのですが、量が多いのでタスクを丁寧にこなし、やり直しが発生しないことを意識しています。入社前の私には「ITの仕事がこれからの未来を作っていく」と、ぼんやりイメージだけが見えている状態でした。でも実際に入社して開発の仕事に携わってみると、小さな画面一つでも着実に作り上げ、使う人のことも考えた“ものづくり”の姿勢こそ大事なものだとわかってきました。特に、現在携わっているのは人目に触れるフロントエンドの部分なので、意図していることが伝わる画面になっているかどうか、しっかり考えていないと見当はずれのものになってしまいます。当初はその甘さをお客様に指摘されるところもありました。次第にこうすれば伝わるだろうか、こうすると見やすいだろうかと、ユーザー目線も持てるようになってきたのは成長といえるかもしれません。「サイトを新しくしてよかった」と言っていただけるよう、残りの画面も仕上げていきたいと思います。

今はフロントエンドの作業をしていますが、バックエンドの見えないシステム分野の知識も身につけなければ、エンジニアとしては不十分です。この先いろんなプロジェクトにアサインされていく中で経験を積み、幅広く何でもこなせる知識と技術を持てるよう、努力を怠らず進んでいきたいです。

body-img-03.jpg

STORY #4
ものづくりを楽しみながら、エンジニアとしても人としても愛される存在に。

デベロップメントスペシャリスト A.H

学生時代にアプリを使って自分のホームページを運営していましたが、何かを表現することが大好きでした。作ることや表現することを仕事にしたいと思って選んだのが、エンジニアの仕事です。文系で知識はありませんでしたが、新人研修はとても印象に残っています。基礎を一から学んで、最終的には一人でサイトを構築するのが最終課題。何もないところから一つひとつ作り上げ形にしていく作業は、これ以上ない新鮮な喜びを感じられた時間でした。一番難しかった最終課題では、手直しや締め切りに追われて四苦八苦しましたが、仕事としてものを作るためのスケジュール感や、精度の重要性を最初に体験した場ともなりました。

現在は新規システムの開発チームに配属され、設計書やテストコードの記述を担当しています。責任感と同時に、自分が書いたコードが動いて世の中で役立つのだと思うと、ワクワクと高揚感が止まらないのも事実です。与えられた業務をきっちりこなして、成長できたと思える仕事にしたいです。デザインに興味はあるので、いずれはフロントエンドの仕事もやってみたいと思っていますが、会社もエンジニアに経験を積ませるための施策を提示してくれています。研修体制もしっかりしているので、環境を活かしていろんなことを学び続け、希望の仕事に参加するのが目標です。技術のみではなく、人とのコミュニケーションもしっかり取れる、愛されるエンジニアになりたいですね。

body-img-04.jpg

INTERVIEW
社員インタビュー

次の時代にあるべき
エンジニアの姿を、探求しませんか。
私たちといっしょに。

JOIN OUR TEAM
JOIN
OUR TEAM